大栗博司

究極理論の夢

TEDxUTokyo2012
2012年05月20日
大栗博司
カリフォルニア工科大学カブリ冠教授 東京大学カブリIPMU主任研究員

 京都大学で修士号を取得後東京大学助手を経て博士号を授与される。現在はカリフォルニア工科大学の冠教授であるとともに、文科省の世界トップレベル研究拠点であるカブリIPMUの主任研究員として、素粒子論、特に究極の統一理論の候補である超弦理論を研究する物理学者である。優れた教育者でもあり、科学や数学の多彩なアウトリーチ活動を行うコミュニケーターでもある。
 なぜ究極理論が存在すると信じるのか、その候補である超弦理論は何を目指しているのか。自身の研究動機を交えつつ、自然界の最も奥深い真実への旅を語る。世界の現象を説明する理論として、これまで原子・分子・素粒子といった様々な理論が考えられていた。しかし、その理論では説明できない現象が数多く出てきた今、これらの現象すべてを説明する理論が存在するのか、研究がつづけられている。大栗先生は究極理論は存在する、と主張する。究極理論とはどのようなものか、どのようにすれば見つかるのか、研究のロマンを話す。

More Talks from TEDxUTokyo2012
Even More...